射精頻度をアップさせるための3つの方法

射精頻度 強い

若い時は誰しもが夢精経験がありますし、またマスターベーションやセックスの後すぐに回復する精力があったものです。しかし年齢を重ねて体力が低下していくとだんだんと射精の頻度も減っていくことになり、また勃起時の膨張率、硬さも弱々しいものになっていくことが少なくありません。しかし日常生活や生活習慣を改めることで実はかなり改善させることは可能ですので、ポイントを押さえてぜひ射精頻度のアップを目指してみましょう。
まずは体力の向上に努めるのが射精頻度をアップさせる一番基本的な方法です。体が疲れている時というのは血の中に疲労物質がたまりますが、それを脳が感知すると各部位にそのサインを送って休ませようとします。体が疲れると眠くなる、頭がスッキリしないというのは実はそういうことで、この状態ではあらゆる機能が本来のパフォーマンスを発揮できないのです。プロスポーツ選手だって眠たい時に試合に勝つことなどできませんから、まずは睡眠を十分にとって休日などはジョギングやウォーキング、そして筋肉トレーニングやエクササイズを行っていくと疲れにくい体を作り出して射精頻度、セックス力のアップを図りましょう。

次に意識したい方法は精液の主成分であるアルギニンや亜鉛を多く含む食事を摂ることです。アルギニンは準必須アミノ酸の一種で体の中でも合成される物質ですが十分な量はまかなえず、また加齢と共にその機能も低下するので補ってやる必要が出てくるのです。またアルギニン自体成長を促したり疲労回復に効果があったりと体力増強という意味でも非常に重要な成分で、射精頻度アップにはとても役立つ存在となっています。

亜鉛は主成分とまではいきませんが体内のタンパク質を分解して再合成する際に必要となる物質で、これは精液を作るうえでも極めて重要な役割を果たすのです。不妊治療や体力増強サプリメントにはほぼ必ずアルギニンや亜鉛が含まれていますので、これらを普段の生活で摂ることがやはり精力を高める方法と言えるでしょう。

3つ目ですが、これはある程度体力を回復させてからの方法になります。男性の体というのは射精するとその足りなくなった精子を補おうとして精巣の中で再び精子を作り始めますが、射精しないままではこの機能が退化していきますので、常に射精して精子工場を稼働させることが持続的な射精頻度をアップさせることにつながるのです。少し自信を取り戻したら後はどんどん射精を行っていけばよいでしょう。
まとめると体力を回復、そして精子の合成に必要な物質を摂り、元気になった後は射精を続ける。これが射精頻度、精力を増強させる方法となるのです。



精力アップに効果あり!代表的な成分3選

精力アップ 成分

最近夜の営みに元気がなくて困っているという男性の方も多いと思います。そのような方に限らず、ほとんどの方が精力アップができたらうれしいはずです。そこでここでは、精力アップに効果のある代表的な成分を3種類ご紹介していきます。
 
 1.亜鉛 
 まず、最も代表的な成分の亜鉛です。様々なサイトや本などでも亜鉛を取るといいという文言を見かけます。亜鉛は、セックスのミネラルと言われているほど、精力アップには欠かせない成分になっています。亜鉛を取ることによって、「精子の量が増える」「勃起力が上がる(生殖器が発達する)」などの効果が期待できます。EDで悩んでいる方が使うことによって、EDの解消も期待できます。
 逆に日常から亜鉛が不足している場合、精力がダウンしてしまうだけではなく、「ハゲ」にもつながってしまいます。そのため、亜鉛は精力アップのみならず、様々な効果も期待できる成分になっています。
 亜鉛が含まれている食べ物としては、牛肉や鶏肉、牡蠣、カニの身の部分などに多く含まれています。

 2.L-シトルリン
 L-シトルリンは、アミノ酸の一種で、血管の拡張や、血流量の増加という効果が期待できます。勃起は、陰茎への血流量が増加することによっておこるものです。そのため、精力・勃起力を上げたり、陰茎を増大するためには血流量を上げることが必要です。また、L-シトルリンは、精力増強のほかにも、筋肉の造成や疲労回復にも効果があります。
 食べ物としては、スイカやキュウリなどのウリ科の野菜に含まれている成分になります。

 3.マカ
 マカも精力アップの立役者として人気があり、よく知られています。マカは標高の高い地域で栽培されていて、非常に強い生命力が凝縮されています。マカは血流量を増加させることによって精力アップにつながります。
 また、マカは完全色ともいわれており、ミネラルやビタミン、アミノ酸、タンパク質、カルシウムなどの多くの栄養素を含んでいます。そのため、老化防止や美容、生活習慣病の改善などにも役立ちます。それゆえ、健康を維持するためにマカを取っている方も大勢いらっしゃいます。

 マカは成分というよりそのものが食べ物ですが、これらの成分が含まれている食べ物を紹介してきましたが、これらを食べることができない場合は、サプリなどを使ってみても良いでしょう。
 もちろんこれらのどの成分も取りすぎは良くありません。程よく体に取り込み、精力アップを目指していきましょう!



精力アップや性欲向上とストレッチの関係とは?効果のあるストレッチ

精力剤 ストレッチ

精力アップや性欲向上に効果があるものと言えば、バイアグラなどのED治療薬やマカ、すっぽん、牡蠣などの有効成分が含まれたサプリメントや食品といった口から摂取するもののイメージがあります。

しかしながら、性欲や精力の減退には運動不足やストレスが大きくかかわっています。男性ホルモンであるテストステロンは性欲や精力を増進させる役割がありますが、運動不足やストレスによってこの、テストステロンの血中濃度が下がることがわかっています。
また、運動不足になると血管が収縮し血液の循環が悪くなり、ペニスを勃起させるための海綿体への血流が悪化し、勃起力の低下、勃起不全の原因となります。
とは、言っても日々の生活で筋トレやランニングなど本格的をする時間がない、運動が苦手といった人にオススメなのがストレッチです。
中でもおすすめのストレッチの方法を4つを紹介します。

精力アップにおすすめの方法

まず最初は開脚です。
心地よく太もも内側が伸びる程度に足を開いて、身体をゆっくりと前に倒していきます。

2つ目は太もも前側のストレッチです。
まず両足を伸ばし仰向けに寝ます。次に片方の足をお尻に裏にしまうような形で曲げると太ももの前側の筋肉が伸びます。

次は太もも外側のです。
立膝をして仰向けに寝て、片方のくるぶし外側をもう片方のふとももに乗せ、その足の下から両手で立膝をしている方の足のすね掴んで上半身に近づけるように引っ張ると太ももの外側筋肉が伸びます。

最後は太もも裏側です。
脚を伸ばしたまま座り、足の指を手でつ掴むように前屈します。

このように太ももの筋肉を伸ばすことで下半身の血流を良くします。下半身の血流が良くなるということは男性器への血流も良くなりますので、精力向上、性欲アップの効果が期待できます。
また、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており、下半身の血液を循環させるポンプのような役割をしています。最後の前屈ではふくらはぎの筋肉も伸ばすことができ血流改善に効果的です。

なお、おへそから5cmくらい下がった部分のお腹の奥には丹田というツボがありますが、丹田は性欲向上に効果があると言われています。先に紹介したストレッチをする際にお腹を凹ませながらゆっくり息を吐いて、お腹を膨らませるように息を吸う。このように腹式呼吸することで丹田が刺激され精力の改善に効果があります。

他にも前屈の際に背中を押してもらうなど、パートナーと一緒にストレッチをすればスキンシップもできますので、より一層の効果が期待できるかもしれません。




精力を強化する3つの方法とは?精力増強に最も効果的なのはあれだった!

精力増強 方法

精力を強化するためには、3つの方法を実践するだけでOKです。自慰を3日に1回にすること、精力剤を活用すること、血流をサラサラにすることです。巷にはたくさんの方法がありますが、どの方法が最適なのか悩むことが多いでしょう。効果を実感するためには無理なく続けられる解決法を3ヶ月実践してみることです。人間の身体は3ヶ月あれば変えることができるので、3ヶ月は本気になって実践してください。何をしても実感できないという方は、続けていないことが圧倒的に多いです。体質を変えるためには最短でも1ヶ月はかかるので、3ヶ月くらいを目処にしておいたほうがいいわけです。

自慰を3日に1回にする対策は、自慰の頻度が多すぎる方におすすめします。若いころは1日数回という人もいるでしょうが、頻繁に射精をするほど性欲は減退してしまうでしょう。性欲が弱くなった状態では勃起力を発揮しにくく、半立ちになることも多いです。中折れのリスクも増えますから、自慰はむやみに行わないようにしましょう。性欲をピークにするには3日間の禁欲をするのが好ましいため、パートナーとの性行為の3日くらい前から禁欲しておくとよいです。

精力剤を活用する方法は最も簡単に精力増強ができるので、以前より弱くなったと感じる男性におすすめします。10代や20代のころは精力減退とは無縁でしょうが、30代くらいになると変化を感じる方が増えてきます。立ちが悪くなるのが最初の自覚症状であり、一番わかりやすいのは硬さが変わることでしょう。勃起力が減退したと感じたら強化する必要があるので、精力剤から試してみましょう。初期の段階ではED治療薬は必要ないので、健康食品や医薬部外品などを試してみるとよいです。医薬品よりも副作用が弱いため、長期的に利用するのに適しています。

血流をサラサラにすることも精力増強の基本であり、特に血中脂質が多い方は徹底してください。血液がペニスを大きくするため、血液の元気がペニスの元気と考えて間違いありません。人間の身体は血液が綺麗になれば疲労を感じにくくなりますし、性欲も正常に発揮されるようになります。不規則な生活を続けていると立ちにくくなり、中折れの可能性も大きくなるでしょう。野菜を1日400g食べるようにすれば、効果的に血液を綺麗にできるはずです。1日に必要な野菜は350g以上と言われていますが、少し多めに摂るくらいがちょうどいいです。野菜はカロリーをうまくコントロールしてくれる食材でもあり、満腹感を促進することでカロリー過多を防いでくれます。