アルギニン 男性 効果

アルギニンの男性へ効果は主に、

  • 成長ホルモンの分泌を促進による効果(身長を伸ばす、食欲を抑えるなど)
  • NO(一酸化窒素)の生成補助による効果(勃起力の回復、ED予防・改善など)
  • 免疫細胞であるマクロファージの活性化による効果(免疫力アップ、感染予防など)

が挙げられます。

では、下記でアルギニンの代表的な男性に嬉しい10の効果を解説していきます。

アルギニンの男性に嬉しい10の効果効能

ED予防や改善の効果

アルギニン 効果 ED

アルギニンは、血管を拡張して血流を良くする一酸化窒素の原料となるアミノ酸の一種です。

一酸化窒素の産生には不可欠なアミノ酸であり、勃起障害は不足することで起こります。

これを補うことで、EDの原因となる血管障害の改善に効果をもたらします。

逆に高血圧や高脂血症、肥満や喫煙、ストレス、動脈硬化など、EDになる危険因子によってアルギニンの体内での量や働きが低下することで、症状が悪化します。

アルギニンをしっかりと補うことで、血管を拡張させて動脈硬化を改善して、無理なく根本的にED予防とED改善させることができることが分かっており、重要な栄養素です。

勃起力アップや精力増強

アルギニン 効果 精力増強

勃起の硬さはペニスに流れる血液の量で決まるのですが、アルギニンには血管を拡張する作用を持つ一酸化窒素を発生させ、血流を促進させる作用がありますので勃起力アップ効果があるのです。

また精液や精子の主成分でもあり、精子のおよそ80%はアルギニンから構成されているほどです。

精力減退の原因は精液や精子の量の減少が関わってきますので、アルギニンを摂取してこれらをしっかりつくることができれば、精力増強効果を得ることができるのです。

筋トレ効果による筋力アップや筋肉増強

アルギニン 効果 筋トレ

筋トレを行なううえで必須とされているサプリメントやプロテインに必ず含まれているアルギニンは、アミノ酸の吸収力を高める効果があります。

人間の体は1日に栄養吸収が行なえる量が決まっており、体重の20%ほどしかありません。

筋力アップを行なうにはアミノ酸の吸収率を高める必要があり、筋トレの効果を効率よくあらわすために通常よりも40%以上ものアミノ酸吸収率を高めています。

またアルギニンには脂肪分解の効果もあるので筋トレには欠かせない成分です。

疲労回復の効果

アルギニン 効果 疲労回復

アルギニンには、非必須アミノ酸という分類になります。このアミノ酸は疲労回復に良いと言われていて、成長ホルモンの分泌増やすと言った効果が期待されています。

成長ホルモンは、成長期に出てくるという事ではなく、壊れた組織を修復すると言った役割もあるため、このアルギニンが自分の体では作り出すことが出来ないアミノ酸に変化するため、疲労回復にも効果が高いのです。

特に男性の疲労回復の目的で、サプリメントなども作られています。

精子の形成や精液を増やす

アルギニン 効果 精子 精液

アルギニンには、非アミノ酸と言われている自分の体では作り出すことが出来ない栄養素に変化するという特性があります。

特に男性の精液の性質、また精子の寮を増やすと言ったところでも、このアルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果もあるため、摂取することでの効果は高くなります。

疲労回復だけではなく、実は精子の量や質を向上させるといった所でもメリットがありますので、サプリメントなどで積極的に取っていく事をお勧めします。

ダイエットやメタボ予防

アルギニン 効果 ダイエット

アルギニンが男性のダイエットにも効果があると言われているのはなぜなのでしょうか。

まず、アルギニンを摂取すると体の代謝がよくなることが挙げられます。代謝がよくなれば体のエネルギーの消費量が増えていきます。

そうすれば、余分な脂肪が燃焼していきますのでダイエットが成功するという仕組みです。代謝が悪くなってしまうと体にエネルギーが溜まり、脂肪がつきやすい体になってしまいます。

そうならないためにもアルギニンを活用しましょう。

妊活や不妊治療

アルギニン 効果 妊活

アルギニンとはアミノ酸の一種として存在している物質です。

アミノ酸は、凄く小さなタンパク質のようなもので、身体に吸収すると普通のタンパク質と同じ働きをする効果があるため健康にはとても良い物質です。

また、アルギニンは成長ホルモンを生成するのに不可欠であると考えられているため、成長ホルモンの一種である男性ホルモンの生成の手助けにもなります。

男性側の妊活や不妊には男性ホルモンは不可欠なので、アルギニンの効果には様々な期待が寄せられています。

(子供の)身長を伸ばす

アルギニン 効果 身長

アルギニンは子供の身長を伸ばす効果があると言われていますが、その理由は多くの栄養素のなかで、最も成長ホルモンの分泌を促す効果があるからです。

成長ホルモンは体内のタンパク質を合成する作用がありますので、その分泌が多ければ体を構成する各組織の成長を高めることができるのです。

ただし、アルギニンだけを摂取していれば身長を伸ばすことができるのではなく、バランスのとれた食事やしっかり睡眠をとることも成長期には欠かせない要素といえます。

がん予防など免疫力のアップ

アルギニン 効果 免疫力

アルギニンが免疫力アップやがん予防に効果があると考えられているのは、どうしてなのでしょうか。

アルギニンには外部より襲ってくる細菌やウィルスに抵抗する働きや体の中で発生するがん細胞を抑制する働きがあると言われています。

免疫力が低下すれば風邪やインフルエンザなどにもかかりやすくなりますし、さらには、がん細胞を増やしてしまうことにもなるのです。

また、アルギニンはNO(一酸化窒素)の生成を助ける働きがあり、このNOはがん細胞の繁殖する原因となる酵素を抑える働きもあります。

動脈硬化の予防や改善

アルギニン 効果 動脈硬化

動脈硬化は高血圧、高脂血圧症、糖尿病、喫煙習慣や肥満や運動不足、加齢によって一酸化窒素があまり算出されないせいで進行していきます。

アルギニンは準必須アミノ酸のひとつ、準必須アミノ酸とは体内でも自然と生成されるアミノ酸で、働きは人間にとって欠かせない役割を果たしてくれます。

成長ホルモンの分泌や体内で一酸化窒素を生産させてくれるのです。

そしてその一酸化窒素は血管拡張効果を産むので、だからアルギニンは動脈硬化を防いだり予防したり改善するのです。

アルギニンの女性への効果とはどういったものがある?

アルギニン 女性 効果

アルギニンは男性に必要な栄養とイメージがあり、天然のバイアグラと言われています。

女性にも若いときの状態に保つための効果があり、最近はアルギニンサプリを摂取する女性が増加しています。

アルギニンは天然成分なので内蔵に負担をかけることなく、肌のトラブルや肌の老化を防ぎ表面だけの一時的な作用だけではなく内側から細胞をプルプルにしてくれて、成長ホルモンの分泌も促進されます。

コラーゲンの生成も増え、元からあるコラーゲンの老化も止めてくれます。

そして妊娠中毒症にも効果があり妊娠中の高血圧やむくみを和らげてくれ、子癇発生のリスクを遠ざける働きをします。

アルギニンは血管を拡張し血流を良くするため、子宮の血行も良くし子宮内膜を厚くする効果があるため着床を助け不妊治療に役立ちます。血行を良くしてくれるため、冷え性や肩こりも改善します。

アルギニンを日常的に摂取するための方法とは?

食事からアルギニンを摂取する

アルギニン 食べ物 食事

食事からアルギニンを摂取する方法が最もスタンダードな摂取方法でしょう。

アルギニンが多く含まれている食べ物は主に肉類、魚介類、豆類です。

アルギニンを最も多く摂取できるのは、豚肉のゼラチンで、文部科学省が運営している食品成分ランキングでは100gでアルギニンを7900mgも接種できるとされ第1位に輝いています。

大豆もかなり含まれていて100gで6700mg。加工品の場合ですと、あまりアルギニンを含んでいませんが豆腐やきなこ、油揚げなどが良いです。

それから鶏の卵も100 g に5000mgも含まれています。

魚介類で一番おすすめなのはトビウオの煮干し、100gに4900mgが含まれています。また鯖や活用やたらイワシなども、かなりおすすめできる食品です。

落花生や小麦などもオススメの食材です。

サプリメントから摂取する

アルギニン サプリ 摂取

食事から以外ではアルギニンをサプリメントから摂取する方法もあります。

実際問題、食事からアルギニンを毎日推奨量摂取するのは面倒な上にどのくらいの量を摂取しているかも図りづらいため、現実的には厳しいでしょう。

個人的には食事からのアルギニン摂取よりもサプリメントからの摂取がメリットが多くおすすめです。

何より手軽にいつでも決まった量のアルギニンを摂取することが出来ますから継続しやすいのが最大のメリットです。

また、サプリメントの費用面に関しても、かえってアルギニンを多く含む食品を毎日食卓に並べることを考えると1日あたりの値段はむしろ安いかもしれません。

いずれにしろアルギニンはサプリメントからの摂取をメインとしながら、食事からの摂取を補助的な位置づけで考えるのがベターだと個人的には思います。

目的別のおすすめのアルギニンサプリ3選

アルギニンのサプリメントといってもアルギニンの成分単体のサプリから他のシトルリンなどのアミノ酸などを含んだ精力剤や筋肉サプリなど多種多様なアルギニンサプリがあります。

ですので、ここでは目的別でおすすめのアルギニンサプリを紹介したいと思います。

全て私自身が試して効果があったアルギニンサプリのみを紹介していますのでご安心ください。

バイタルアンサー(精力増強や勃起力アップ向き)

アルギニンサプリ 精力剤

  • アルギニン1日あたり1600mg
  • 勃起に必須のシトルリンとオルニチンも配合
  • セックスミネラルと言われる亜鉛も20mg
  • 全額返金保証あり
  • 「GMP」「HACCP」「JAS」認定の高安全性と高品質
  • 営業所止め・コンビニ受取可

 

アルギニンをメインとした精力剤(精力サプリメント)の中ではトップクラスのアルギニンの量に加えて、勃起するために必要なNO(一酸化窒素)を生成させるためのシトルリンやオルニチンも配合しています。

安全性についても「GMP」「HACCP」「JAS」と3つの認定を受けていますし、全額返金保証もありデメリットと言うデメリットはありません。

多少、値段は張りますが精力剤の中でもトップクラスの品質のサプリメントであることは疑いようがありません。

 

 

マッスルプレス(筋力アップや疲労回復向き)

アルギニンサプリ マッスルプレス

  • アルギニン1日あたり2000mg
  • シトルリンも1日1000mg
  • 「GMP」「HACCP」認定による安全性と高品質

 

アルギニンの1日の摂取量が2000mgに加えて、勃起のために必要な一酸化窒素を生成する働きがあるシトルリンも1日1000mg摂取できます。

安全性についても「GMP」「HACCP」認定を受けており全く問題なく副作用の心配も少なく継続して飲むことが出来ます。

アルギニンとシトルリン以外の成分は配合されていませんので総合的な精力アップというよりは、筋力アップや疲労回復などの効果を期待したい男性向けです。

 

 

Lアルギニン5000プラス(アルギニンの成分量にこだわる方向き)

アルギニン サプリ おすすめ

  • アルギニン1日あたり5000mg
  • クエン酸で中和しているため副作用の心配も少ない
  • ドリンクタイプとカプセルタイプの2種類あり
  • 全額返金保証あり

 

アルギニンの1日の摂取量でみるとぶっちぎりの1日5000mgを摂取することが出来ます。

また、クエン酸により中和しているために副作用の心配も限りなく少ないことも安心して飲むことができます(粉末の場合)。

アルギニン以外の成分に関しては種類も含有量も少なく、海外から発送されるために手元へ届くまでに時間がかかるなど多少のデメリットはありますが、アルギニン単体の含有量にこだわる方であればLアルギニン5000プラスの一択でしょう。

 

 

アルギニンとシトルリンの関係とは?その違いや相乗効果

アルギニン シトルリン 違い 効果

アルギニンとシトルリンには、強い関連性があると考えられています。

これは、シトルリンが体内で返還される効果があり、また一部のアルギニンがシトルリンに再変換されるという現象が存在するからです。

この二つの物質は相互関係のような状態になるため、体内でお互いに影響をしあっています。

シトルリンの吸収率はアルギニンと比較すると非常に良いという違いが存在しますが、実は腸をすり抜けてアルギニンに変化するという特別な傾向があるのです。

一方で、アルギニンはあまり吸収率が高くないものの腸できちんと代謝されるという特徴があります。

そのため、どちらか一方を吸収するのではなく両方を摂取して相互的に作用させた方が効果的だと考えられています。

アルギニンの1日に必要な摂取量の目安とは?上限はいくらまでなら大丈夫?

アルギニン 1日 摂取量

天然のアミノ酸であるアルギニンは精力増強や筋力増強、ダイエットや疲労回復など様々な効果が期待できます。

このアルギニンの1日の摂取量の目安ですが、成人で2グラムから4グラムとされており、上限は9グラムとなっています。

アルギニンは肉や魚といった食品から摂取することができますが、サプリメントでも摂取できます。

しかしサプリメントで摂取する場合、食品から摂取する量を考慮して4グラム以下にしておくと良いでしょう。

9グラムを超えて摂取すると、下痢などの副作用が出ることもあるので注意する必要があります。

アルギニンを摂取する効果的なタイミングとは?時間帯や継続するために必要な期間とは

アルギニン 飲み方 タイミング

アルギニンはアミノ酸の一種です。非必須アミノ酸で、体内で合成できますが、合成できる量が少ないため、摂取が必要なアミノ酸となっています。

そのため、成長期やトレーニング中といった期間には積極的な摂取が望ましいと言えるでしょう。

摂取するタイミングに関しては、運動前後と就寝前が効果的とされています。

アルギニンには疲労回復の効果が期待されていて、疲労感の回復につながります。

就寝前は成長ホルモンが多く分泌される時間帯で、成長ホルモンを合成する上で必要なアルギニンを就寝前に取るすることで、成長ホルモンの分泌促進が期待できます。

アルギニンの安全性と副作用について

アルギニン 副作用 安全性

アルギニンはサプリメントなどに含まれていることの多い一般的に存在しているアミノ酸の一種となります。

長年使用されてきた成分なので効果などは充分に調査されてきているので安全性は高いものとなっています。

副作用に関しては、様々な動物に対して試験が行われましたが毒性は確認されていません。

体内で消費される以上のアルギニンが投与された場合には4時間から5時間かけて異化されて健康に害を及ぼすということはありませんでした。

まとめ~アルギニンは食事とサプリメントの両方から摂取しましょう

アルギニン 効果 男性

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果やNO(一酸化窒素)の生成を助ける働きがあることから様々な男性にとって嬉しい効果が期待できます。

疲労回復や筋力アップはもちろん、ED(勃起不全)の予防や改善、また精力増強や性欲の向上、精子の形成や精液を増やす効果、その他にも動脈硬化などの生活習慣病に繋がる症状や妊活・不妊に悩む旦那様にも最適です。

アルギニンの摂取は基本的には食事から摂取することになりますが、1日の必要量を毎日食事からだけで摂取するのは難しい面もあるでしょう。

そういった場合は積極的にサプリメントを利用しましょう。

精力剤のようなタイプのアルギニンサプリ、もしくは筋力アップや疲労回復系のアルギニンサプリの2種類があります。

アナタの目的に合ったアルギニンサプリを選び、継続して摂取し続けていきたいものですね。