20代 ED

日本人男性の悩みで多いのがEDと呼ばれている勃起不全です。勃起不全とは性交する時に十分な勃起を得られない状態を指します。
勃起不全は中高年世代に多い病気でしたが、最近は20代から30代の男性が発症する若年性EDが社会問題になっています。
若年性EDと中高年世代のEDとは原因が異なることが多いです。

EDには心因性のものと器質性のものがあります。若年性EDは、心因性EDが多い傾向にあります。
心因性EDは、精神的な問題が色濃く反映しているEDです。対策としてはストレスやトラウマなど精神的な原因と取り除くことが重要です。
日本は昔からストレスが多い社会です。社会に出たばかりの若者には、様々なストレスやプレッシャーがかかります。

不況などによる経済的な負担も、心因性EDの原因になります。性生活はデリケートな問題です。既婚者の場合、早く子供が欲しいというパートナーの言葉が心因性EDの原因になることもあります。幼少時のトラウマを大人になるまで抱えていて、そのことが大きなブロックとなって健康的な性生活を送れない原因となっている若者もいます。
ED治療薬は心因性のEDにも効果を発揮しますが、ひどいストレスやトラウマを解消するためには、カウンセラーが必要になることもあります。
心因性のEDも器質性のEDも早く治療を行うことで早く改善することが可能です。

日本ではED専門のクリニックが増えていますが、自宅近くに専門のクリニックがない場合は病院の泌尿器科や内科でもED治療薬を処方してもらえます。
若い男性の場合、ED治療を受けるために病院や専門クリニックに通うのは勇気が要ります。
ED専門クリニックは、受付やスタッフがすべて男性というクリニックが多いです。女性と顔を合わせたくない場合はED専門クリニックの方が受診しやすいです。
ED専門クリニックでは、治療前にカウンセリングを行います。カウンセリングは無料なので治療に不安がある場合は何でも相談することができます。

ED専門クリニックに行って相談するのも恥ずかしいという場合は、メール相談サービスもあります。メール相談サービスでは、EDについての様々な相談を受付けています。ひとりで悩まず専門家に相談することで、抱えていた問題が早く解決するケースは多いです。
若いED患者の中には、個人輸入代行会社のネットショップを利用してED治療薬を購入する人も増えています。ネットショップを利用した場合は、自分の責任でED治療薬を使うことになるので注意が必要です。