20代 ED

精力剤 元販売員元販売員

20代のEDの原因は意外と多いと考えられます。高齢者の場合は精力減退や体力的な衰えと原因が限定されやすいと言えます。

しかし、本来ならば精力がみなぎっているはずの20代だからこそ、原因も多いと言えるでしょう。

この年代でのEDでまず考えられるのは心理的なものです。過去のトラウマやコンプレックス、経験の少なさからくる緊張などもEDの原因にあげられます。

不安定な生活習慣から来る血行不良などもありますが、この年代では心理的なものが圧倒的に多いと言えるようです。

20代の心因性EDの代表的な原因

性的未熟(経験の少なさからくる緊張や不安)

20代 ED 原因

20代と言えば、性行為の経験が多い人と少ない人が大きく分かれる年代ではないでしょうか。

性交渉を初めて経験するのが20代という人も少なくないと言えます。

性行為の経験がないため過度に緊張し、うまく興奮することができずに血流が悪くなり、ペニスが勃起しないという状況もあり得ます。

また、経験が少ないために相手を満足させることができるかどうかという不安から興奮できず、ペニスが勃起しないという状況も起こります。

これら性行為の経験不足からくる心理的な不安などでEDになるケースもあるようです。

過去の性行為での失敗のトラウマ

20代 ED 原因

また、過去の性行為で失敗したなどのトラウマも、若年性EDを引き起こす原因になると考えられています。

適当な改善策がないと「また同じ失敗を繰り返すのではないか」「失敗してしまうと、今のパートナーを失うのではないか」そんな不安感が頭をもたげると、性行為に集中できるはずがありません。

当然、勃起などする状況にはなくなるでしょう。

一過性のものであればいいのですが、改善せずにこれが続いてしまえば、もう女性に対して恐怖心すら覚えてしまうということにも陥りかねません。

自身の性器へのコンプレックス

20代 ED 原因

自分の性器に対するコンプレックスからEDを引き起こすケースもあるようです。

短小や包茎、早漏などといったものは、男性にとってはもちろん、性行為する女性に対してもマイナスのイメージがあります。

女性が気持ちよく自分と性行為をしてくれるのだろうか。笑われたり、嫌がられたりしてしまうのではないだろうか。

そういった不安も本来の興奮をさまたげ、勃起に支障を与えてしまうと言えるでしょう。

妻だけED

20代 ED 原因

結婚して子どもがスムーズにできればいいのですが、なかなか子どもができない夫婦もいます。

子どもが欲しいので、排卵日などをしっかり計算し、より妊娠しやすい状況で性行為を行う夫婦もいます。

しかしそれが逆にプレッシャーとなり、いざ性行為というときに勃起しなくなるケースも考えられます。

それが繰り返されて改善されなければ、過度のストレスになってしまうと、若年性のEDを引き起こしてしまう危険性もあると考えられるのです。

ヴァーチャルED

20代 ED 原因

アニメやアダルトDVDばどヴァーチャルの世界に浸りすぎ、オナニーで満足してしまったために生身の女性と性行為ができない状況も現代の若年性EDの一つとして存在しているようです。

「ヴァーチャルED」と呼ばれるこの状態は、生身の女性が相手では気を遣ってしまい快感を覚えることができない。

快感はヴァーチャルで十分という状況です。アニメやアダルトDVDでは正常に勃起するのに、生身の女性と性行為するときには勃起しなくなってしまいます。

コンドームによる影響

20代 ED 原因

コンドームを使用すると感度が鈍くなってしまいます。この状況を嫌ってしまい、コンドームを使うと性欲が減少したり射精できない状態になってしまうこともあります。

コンドームに対する嫌悪感や抵抗がストレスになり、コンドームを着けると勃起しなくなってしまいます。

うつ病や躁病

20代 ED 原因

うつ病や躁病も、脳の神経伝達に異常が出るために神経伝達のバランスが悪くなることからEDを引き起こすと言われています。

また、うつ病の治療に用いられる薬の中には、性機能を悪化させてしまうものもあります。

そのため、肉体的には勃起する状況でありながら、EDになってしまうということが起こりえます。

20代の器質性EDの代表的な原因

食生活の乱れ

20代 ED 原因

現代人の食生活は、以前に比べて偏食になりがちであることが取りざたされています。

これは生活習慣病といった現代人特有の病気を引き起こすだけでなく、EDなどといった症状を引き起こすことにもつながります。

偏った食事は血流を悪くしたり、勃起に必要なホルモンの分泌を妨げる恐れがあります。

健康な状態だからこそ勃起をするのであって、不健康な食生活を送っていると勃起不全に陥らないよう改善し、注意する必要があります。

ストレスや睡眠不足

20代 ED 原因

ストレスや睡眠不足からもEDを引き起こすと考えられています。

勃起に必要な男性ホルモンは、ストレスなどを感じると正常に分泌されません。

それは睡眠不足も同様で、血行を悪くしたり、倦怠感などから性行為をしたいと感じなくなるなどの弊害が現れます。

その結果、性行為に対して興味が薄れ、EDを引き起こすことが考えられるのです。

間違ったオナニー

20代 ED 原因

ペニスを傷つけるようなオナニーをしてしまうと、正常な勃起をしなくなる恐れがあります。

また、回数を増やしすぎると体に良くないと勘違いして回数を減らすことも危険だと言われています。

回数を減らしてしまうと、精子を作り出す必要がないのだと体が判断してしまい、精子を作り出す機能が減退し、結果的に精力の衰えにつながりかねないからです。

肥満

20代 ED 原因

肥満は百害あって一利なし。EDに限らず、すべてにおいて健康を害すると言っても過言ではありません。

特に肥満になると血流が悪くなり、ホルモンの分泌も悪化すると言われています。

偏食や運動不足も肥満の原因として挙げられますから、偏った栄養分や運動不足によるストレスや倦怠感もEDを引き起こすと言えるでしょう。

また、肥満という外見的要因からもコンプレックスを感じ、女性に対して自信がなくなることも十分にありえます。健康維持の観点からも、肥満はマイナスと言えるでしょう。

20代EDの改善策

専門家のカウンセリングを受ける

20代 ED 原因

若年性EDに悩んでいる場合、専門家のカウンセリングを受けることも一つの改善策だと考えられます。

以前よりEDに対する理解や関心は深まっており、偏食やストレスといった外的要因も徐々に明確になってきていますので、自分は何を原因としたEDなのか、解決方法はあるのか、といったことを専門家としっかり話し合うことで、不安も軽減されるのではないでしょうか。

また、明確な治療法やアドバイスを受けることで、EDの早期改善にも期待できると言えそうです。

ED治療薬を使用する

20代 ED 改善

現在ではバイアグラを代表とするED治療薬も多く開発されています。

「性欲はあるのに勃起しない」「性行為をしたいのに、いざとなったら勃起しない」などの悩みがある場合は、クリニックで診察を受け、ED治療薬を処方してもらうのもいいかもしれません。

若年性EDはストレス社会と言われる現代では深刻な症状の一つですが、以前よりも理解が進んでいる分、EDと真剣に向き合う必要があると言えます。

ED治療薬を使い、しっかりと勃起して満足のいく性行為ができれば、パートナーとの関係もうまくいくのではないでしょうか。

パートナーと話し合い協力してもらう

20代 ED 改善

パートナーと話し合って協力してもらうことも大切です。

EDであることを隠していても、マイナスに作用する一方です。

自分のせいで勃起しないのではとパートナーが思ってしまうと、パートナーとの関係も悪くなってしまうからです。

2人でEDに向き合い、治療していくことによってパートナーとの関係も、より一層深まるのではないでしょうか。

20代でED治療薬を使用しても問題ない?

20代 ED 改善

バイアグラを始めとするED治療薬には、顔がほてったりめまいがするなどの副作用が出る場合があります。

これは20代などの若い年代が服用しても大丈夫なのでしょうか。

これは、血管を拡張させる作用からくる症状と考えられているため、年齢にはあまり関係しません。

逆に心臓などに疾患があり、他の薬を服用している場合は注意が必要になります。

飲み合わせによっては命を危険をさらす場合もありますので、ED治療薬を処方してもらう場合は、他に飲んでいる薬がないかどうか、しっかり伝える必要があります。

東京、大阪、名古屋の心因性EDの治療を行ってくれる病院

新宿ウエストクリニック

新宿ウエストクリニック

新宿ウエストクリニックは、2000年からバイアグラ処方を行っており、信頼と実績のあるクリニックです。国内正規品を扱っているため安全性が高く、1錠からでも処方が可能です。

スタッフも全員男性なので安心して来院することができます。

⇒新宿ウエストクリニックの公式HPはコチラから

大阪梅田紳士クリニック

大阪梅田紳士クリニック

大阪梅田紳士クリニックはED治療のみならず、男性ホルモンの低下やEDと関りが深いと言われる血管や血液、ストレスなども測定してくれるため、多方面からのED治療が期待できます。

様々な観点からEDと向き合っているため、安心して診療を受けることができます。

⇒大阪梅田紳士クリニックの公式HPはコチラ

イースト駅前クリニック名古屋院

イースト駅前クリニック名古屋

イースト駅前クリニック名古屋院では、珍しいスマホによる診察を取り入れています。

これは、来院する時間がない患者さんのために、スマホやパソコンによるビデオ通話によって診察や処方をされます。

薬も宅配で行い、指定の場所に届けてくれるため非常に便利です。

忙しく時間がない患者さん以外にも、興味はあるものの遠くて通院することができないという患者さんにも、非常に重宝されると言えるでしょう。

⇒イースト駅前クリニック名古屋院の公式HPはコチラ

20代のED(若年性ED)とは?

20代 ED 

20代の若い世代にも、勃起不全(ED)の症状が現れることがあります。

本来なら加齢による精力減退や体力的な衰えから、EDになることが一般的なため、若い年齢層には無縁と考えられていました。

しかし、ストレス社会と呼ばれる現代においては、EDは20代などの若い世代にも重い問題としてのしかかっていると言わざるを得ません。

タバコや偏食、睡眠不足に心理的ストレスなど、若年性EDの原因は多方面にあります。

きっちり改善せずに「自分は大丈夫」と考えている若い世代も多いと思います。

しかし、EDは誰にでも起こりうる症状なのだということを改めて考えておく必要があると言えます。

20代の彼氏や旦那がEDの場合の彼女や妻のとるべき対応とは?

20代 ED 妻 彼女

パートナーがEDの場合、彼女や妻はまず理解してあげることが重要です。

EDは本人が最もつらいものなので、それをパートナーに笑われたりしてしまっては、精神的にさらに追い込まれ、症状の悪化を引き起こすだけでなく、精神的な苦痛からうつを引き起こしたりすることも考えられるからです。

現代社会では、EDは他人事ではないのだということをよく理解し、一緒に治していくという気持ちを持つことが大切です。

20代の器質性EDの場合の改善策

20代 ED 改善

食生活の乱れなどから来るEDは、ほとんど血流の悪化やホルモン分泌の異常などが原因と考えられます。

心因性EDに比べると治療も容易だと考えられます。

運動不足の改善、バランスの良い食生活などを心がければ、EDが治療されるばかりでなく、生活習慣も改善されることで健康維持にもつながるのではないでしょうか。

正しいオナニー方法とは?

正しいオナニー

オナニーは自分の手でペニスを刺激して行うものです。

しかし、力いっぱいするとペニスを傷つけてしまうこともありますので、手にあまり力を入れずに行ってください。

また、回数に上限はありません。先に述べた通り、回数を減らすことによって精力減退の原因にもなりかねませんので、週に2回以上はオナニーをするように心がけましょう。

まとめ~症状が深刻な場合は医療機関に相談してみることが1番ベスト

20代 ED 病院

一口にEDと言っても、症状は様々です。身体的なものから精神的なもの、または一過性のものから常態化してしまっているもの。

その人その人によって多種多様と言えます。かつてEDは恥ずかしい症状という見られ方をしていましたが、今では社会的な認識が広まり、ストレスや乱れた食生活など現代特有の症状で誰しもがEDになる可能性があると認知されてきています。

精神的な原因や、原因が分からないなどの症状をそのままにして悪化させてしまってはいけません。

ED専門のクリニックも増えてきていますので、症状が悪くならないうちに医療機関に相談し、治療や処方を受けるのがベストな手段ではないでしょうか。