精力アップや性欲向上とストレッチの関係とは?効果のあるストレッチ

精力剤 ストレッチ

精力アップや性欲向上に効果があるものと言えば、バイアグラなどのED治療薬やマカ、すっぽん、牡蠣などの有効成分が含まれたサプリメントや食品といった口から摂取するもののイメージがあります。

しかしながら、性欲や精力の減退には運動不足やストレスが大きくかかわっています。男性ホルモンであるテストステロンは性欲や精力を増進させる役割がありますが、運動不足やストレスによってこの、テストステロンの血中濃度が下がることがわかっています。
また、運動不足になると血管が収縮し血液の循環が悪くなり、ペニスを勃起させるための海綿体への血流が悪化し、勃起力の低下、勃起不全の原因となります。
とは、言っても日々の生活で筋トレやランニングなど本格的をする時間がない、運動が苦手といった人にオススメなのがストレッチです。
中でもおすすめのストレッチの方法を4つを紹介します。

精力アップにおすすめの方法

まず最初は開脚です。
心地よく太もも内側が伸びる程度に足を開いて、身体をゆっくりと前に倒していきます。

2つ目は太もも前側のストレッチです。
まず両足を伸ばし仰向けに寝ます。次に片方の足をお尻に裏にしまうような形で曲げると太ももの前側の筋肉が伸びます。

次は太もも外側のです。
立膝をして仰向けに寝て、片方のくるぶし外側をもう片方のふとももに乗せ、その足の下から両手で立膝をしている方の足のすね掴んで上半身に近づけるように引っ張ると太ももの外側筋肉が伸びます。

最後は太もも裏側です。
脚を伸ばしたまま座り、足の指を手でつ掴むように前屈します。

このように太ももの筋肉を伸ばすことで下半身の血流を良くします。下半身の血流が良くなるということは男性器への血流も良くなりますので、精力向上、性欲アップの効果が期待できます。
また、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており、下半身の血液を循環させるポンプのような役割をしています。最後の前屈ではふくらはぎの筋肉も伸ばすことができ血流改善に効果的です。

なお、おへそから5cmくらい下がった部分のお腹の奥には丹田というツボがありますが、丹田は性欲向上に効果があると言われています。先に紹介したストレッチをする際にお腹を凹ませながらゆっくり息を吐いて、お腹を膨らませるように息を吸う。このように腹式呼吸することで丹田が刺激され精力の改善に効果があります。

他にも前屈の際に背中を押してもらうなど、パートナーと一緒にストレッチをすればスキンシップもできますので、より一層の効果が期待できるかもしれません。




コメントを残す