精力減退 年齢

登場人物A元販売員

精力減退がくる年齢は一般的には40歳前後だと言われています。

その理由としては男性の更年期障害が最も増える時期であることと一致します。

ただし、精力減退の最も大きな原因と考えられる男性ホルモンであるテストステロンの低下は20代前半をピークに年々減少していくことがわかっています。

ですから、生活環境などによっては早い男性では30代前半から精力の衰えを感じることもあります。

テストステロンを増やすには「生活習慣の改善」「適度な運動や筋トレ」に加えて、良質なたんぱく質や亜鉛などを積極的に摂取する必要があります。

精力減退の年齢は何歳から始まるのか?

精力減退 年齢 何歳

年齢を経るごとに精力減退が進行していくことは多くの男性が経験することでしょう。

年を取ったから精力減退が起きるのは当然のことのようですが、実際にはテストステロンという男性ホルモンの分泌量の減少が大きな原因です。

一般的に多い精力減退の年齢は40歳前後が最も衰えを感じ始める年齢だと言われています。

その根拠としては40歳を境に男性更年期障害などの症状が著しく増えてくることと関係しています。

テストステロンの分泌は、10代から増大し始め、20歳から24歳くらいにピークに達します。その後は緩やかに減少し、60代になると最高値の半分以下に減少します。

人によっては60歳で最高値の10%にまで落ち込むこともあります。

また、筋肉も年齢とともに減少していきますが、これも男性ホルモンの減少の原因になります。

スポーツ選手は性欲が強いことが多いですが、これは科学的に見ても正しいと言えます。

⇒テストステロンを増やすサプリメントについての詳細記事はコチラから

精力減退する根本的な3つの原因

男性ホルモンのテストステロンが減少

テストステロン 減少

年齢を重ねて男性ホルモンの分泌量が減ると、性欲の源泉であるテストステロンの分泌が減ります。

これを原因として性的な欲求や興奮を感じにくくなり、身体のパワーも衰えてくるので、勃起しにくくなり、勃起しても持続力がダウンしていきます。

精子の量もテストステロンの減少によって減っていくので、射精したいという気持ちが少なくなりますし、射精したときの快感も低くなります。

年齢によって筋肉や体力が衰えていくのと同じで、何も改善策を実行しなければどんどん精力減退を加速させます。

⇒テストステロンを増やすサプリメントの詳細記事はコチラから

筋力の低下

精力減退 筋力低下

筋肉があるということは、男性ホルモンの分泌量も多いということです。

スポーツを続けている人は精力減退を感じにくいと言われており、実際にスポーツ選手は性欲が強い人が多いです。

年齢を重ねたことによって、またデスクワークを続けていることによって筋力が落ちると、精力減退の原因となります。

性欲の減退の改善策として運動が勧められることが多いのは、筋力をつけることによって男性ホルモンの分泌量を増やせるからです。

血流の悪化

精力減退 血流悪化

男性のペニスは、内部の海綿体に血液が流れ込むことによって勃起します。

流れ込む血流が多ければ勃起は力強くなりますし、勃起を維持する力も強くなります。

逆に血流が悪化すると勃起力は弱まります。血流の良し悪しは勃起そのものに直結しています。

血流が悪化すると勃起しても持続できないとか、勃起そのものが起きないという現象につながります。

精力減退の改善策としては、血流を良くすることは欠かせません。運動をしたり、食生活を見直したりしてみましょう。

精力減退の具体的な11の原因

年齢が原因

精力減退 年齢

加齢は精力減退の原因として大きなもののひとつです。

人間は、年齢とともにホルモンの分泌量が減るからです。

特にテストステロンと呼ばれる男性ホルモンは年齢とともに分泌量が減ることが分かっています。

テストステロンは、精力や性欲、心と身体のエネルギー、アンチエイジングに大きな影響を与えるもので、加齢とともに失われていきます。

何の改善策も打たずに放置していると、いわゆる「枯れた」状態になり、勃起もしなくなります。

ストレスも大きい

精力減退 ストレス

ストレスは精力減退の原因となります。

若い人にEDという勃起不全の症状が出るとき、ほとんどはストレスが原因とされています。

人間はストレスを受けると自律神経の働きが乱れます。ペニスが勃起するには副交換試験が優位に働いて心身ともにリラックスする必要があります。

ストレスを受けると交感神経が活発になりすぎて、血管が収縮してしまいます。血管が収縮すると血流が悪くなって、勃起に必要な血液がペニスの海綿体に流れなくなってしまいます。

運動不足などによる筋力の低下

筋力の低下 精力減退

しっかりと勃起するにはテストステロンの働きが重要です。

テストステロンは実際に身体を動かして筋肉に負荷をかけていくことで分泌量が増えていきます。

筋力を維持しようとして筋トレをすると、筋肉の組織が破壊されるので修復しようとしてテストステロンの分泌が多くなります。

運動不足の状態が続くと、テストステロンの分泌が減るため精力減退が起きます。筋力の低下はペニスの勃起を維持する筋肉の力も弱めます。

改善策なしに放置していると勃起力の低下を招きます。

睡眠不足

精力減退 睡眠不足

睡眠は男性の精力に大きな影響を与えます。人間は寝ることによって体力を回復し、ストレスを軽減しますし、成長ホルモンの分泌をうながします。

成長ホルモンは眠っている時間に分泌されます。人間は眠っている間にホルモンを分泌させて身体の健康を維持しています。

勃起力に影響のあるテストステロンも、睡眠によって分泌されるので睡眠不足は精力減退につながります。

一般的には6時間から7時間程度は寝ておかないと性生活に悪影響があると言われています。

タバコやアルコール

精力減退 タバコ アルコール

タバコにはニコチンが含まれています。

ニコチンには血管を収縮させる働きがあり、血流を悪化させます。

また、タバコによって生み出される一酸化炭素や窒素化合物は、精子の生成に欠かせない細胞を破壊します。

アルコールは適量を守ればリラックス効果があり、性欲アップにつながりますが、飲み過ぎは感覚を鈍らせ、性欲の減退を招きます。

アルコールに含まれるエタノールは、精巣に悪影響があり、長期間ダメージを受け続けると精子の生成力が弱まります。

食生活の乱れ

精力減退 食生活の乱れ

食生活が乱れると、様々な問題を引き起こしますが、精力減退の原因ともなるので注意しましょう。

栄養バランスが崩れると、血行不良や代謝機能が低下します。血行不良も代謝機能の衰えもペニスへの血流を悪くします。

また自律神経にも悪影響を与えるので勃起不全の原因となります。逆に食生活の乱れを見直すことは、精力減退の改善策としてすぐに始めることができるものです。

インスタント食品や加工食品、スナック菓子を控えてみましょう。

肥満に注意

精力減退 肥満

肥満は慢性的に血糖値を上げるもので、高コレステロールの状態になり、勃起に欠かせないテストステロンの分泌量を抑えてしまいます。

摂取カロリーが多すぎることは血行不良にもなりやすいため、肥満は改善しましょう。とはいっても無理なダイエットも精力減退を招くので、運動しながら徐々に肥満を改善していきましょう。

栄養不足にならないようバランスの良い食事を心がけることも大切です。

生活習慣病が原因

精力減退 生活習慣病

高血圧は食生活の乱れによって引き起こされます。高血圧症になると、血管の弾力性が悪くなり、身体に血液を循環させる力が弱くなります。

血圧は高いほど血流は悪くなっています。糖尿病も精力減退の大きな原因となります。

血糖値が高い状態は、血中のブドウ糖の量が多いことを意味します。

血中にブドウ糖が溜まると血液がドロドロの状態になって血流が悪化します。高脂血症も生活習慣病のひとつで、これも血液をドロドロにして血流を悪くします。

血流の悪化は勃起力に直接影響があるので、改善策として生活習慣病の予防をしていきましょう。

間違った方法のオナニー

精力減退 間違ったオナニー

オナニーそのものは精力減退につながることはありません。ただし、間違った方法で行っていると、通常の性行為で興奮しなくなったり女性器内で射精できなくなったりします。

たとえば床やシーツにペニスをこする「床オナ」と呼ばれる方法は刺激を強めすぎるため、通常の性行為での射精障害になりやすくなります。

アダルド動画の見すぎも通常の性行為での射精を阻害することがあります。演出された動画の強い刺激に慣れきっていると、女性との行為で興奮しにくくなって射精しにくい体質になります。

睾丸を日常締め付ける

精力減退 股間を締め付ける

睾丸を締め付けるとペニスへの血流が悪くなります。たとえば下着による締め付けです。ブリーフタイプの下着はトランクスタイプと比較して締め付けが強いものです。

股間を締め付けると睾丸が身体に密着します。睾丸を身体に密着させると温度が上昇して、精子を生成する機能に悪影響が及びます。

また、近年の研究によって自転車に乗ると精子を生成する部分に負担をかけることが分かっています。

特にロードバイクと呼ばれるようなサドルが細いタイプの自転車に長い時間乗ると精子の量が少なくなることも分かっています。

睾丸を長い時間温めるのはNG

精力減退 睾丸を温める

睾丸は長時間温めると精子の生成量が減ります。たとえばひざの上にPCを置いて作業する習慣のある人は気をつけましょう。

サウナや長風呂が習慣になっている人も精子の生成量が減っているおそれがあります。

精子は31度から35度くらいが最も活発に活動できるようになっており、長時間のサウナや長風呂は負担をかけます。

一般的なレベルであれば問題ありませんが、自分の睾丸を温める時間が長い人は要注意です。いつの間にかダメージを受けている可能性があります。

精力減退を改善する方法。精力増強の為にやっておきたい

筋トレしよう

精力増強 筋トレ

精力減退の改善策として有効なのは、筋トレです。

男性ホルモンのテストステロンを増やすことで精力はアップしますが、それには筋肉を刺激するトレーニングは高い効果があります。

筋肉はトレーニングによって傷つけられますが、それを修復しようとして男性ホルモンが分泌され、結果的に性的機能がアップします。

道具なしでも、たとえばスクワットや骨盤底筋を鍛える運動は簡単に自宅で可能です。

本格的にはジム通いがベストですが、自宅でできる筋トレ方法は数多くあり、書籍も出ています。

有酸素運動は効果的

精力増強 有酸素運動

精力アップとして有酸素運動も効果があります。有酸素運動は血流を良くします。

年齢を減るごとに人間は血液がドロドロになっていきますが、有酸素運動することによて血中のLDLコレステロールや中性脂肪の数値を下げることが可能です。

代表的な有酸素運動はジョギングやウォーキングです。1日30分程度ウォーキングするだけで効果があります。最寄り駅から1駅手前で降りて歩いて帰るようにしてみましょう。

⇒精力アップに効果的な運動やストレッチについてまとめた記事はコチラから

バランスの良い食生活を

精力増強 食生活

バランスの良い食事は血液を正常な状態にして、血管や血流を改善していきます。肉や魚、野菜などをバランス良く摂取しましょう。

精力減退に効く食材として、ニンニクやネギ、タマネギ、ニラなどがあります。

ネギ類に含まれるアリシンという成分は、抗酸化作用やがん予防などに効果があり、血栓の予防や滋養強壮の効果がありますし、テストステロンの生成を促す働きもあります。

牡蠣やしじみ、あさりなどの貝類も効果があります。

⇒テストステロンを増やす食べ物の詳細はコチラから

規則正しい生活習慣

精力増強 生活習慣

生活習慣を正しくすることによって精力減退の解消が可能です。たとえば早寝早起きを心がけることです。

勃起力に影響を与える成長ホルモンは主に午後10時から午前2時くらいに最も多く分泌されます。この時間帯に熟睡できるようにしてみましょう。

また、タバコのニコチンは血管の収縮を招きますので、なるべく禁煙しましょう。適度な飲酒はリラックス効果があるので、自律神経の整えるのに役立ちます。

過度でなければお酒は性欲の増強にも効果があります。

ダイエットしよう

精力増強 ダイエット

肥満は男性機能の低下に直接的な悪影響があることが医学的にも明らかになっています。

肥満による高血圧症や高脂血症も問題ですが、肥満の人ほどEDになりやすいというデータが出ています。

肥満の人は無理ない程度に少しづつダイエットしていきましょう。過度なダイエットではなく、運動をしながら徐々に痩せていくのが理想です。

食べる量を減らしていきながら、運動して健康的に痩せましょう。

医師に相談する

精力増強 医師に相談

精力減退がはなはだしいとき、何らかの病気のサインであることもあります。

EDクリニックの専門医に相談してみましょう。EDだと思って検査してみたら、急激な高血圧症にかかっていたという事例もあります。

糖尿病も精力減退が症状として出ることがあります。服用している薬の副作用で精力が減退することもありますし、肝機能や腎機能の不全によって精力減退するケースもあります。

正しい方法でオナニーする

精力増強 正しいオナニー

正しい方法でオナニーしていれば精力にはプラスです。

まずリラックスして、身体の力を抜いた状態でするように心がけ、またあなり強い力でペニスを握らないようにします。

強く握ることを習慣にしていると、女性とのセックスで射精障害が出ることもあります。

また、なるべく実際のセックスと近い状態にできることが理想で、オナニーの際にもゆっくり時間をかけましょう。

最低でも20分から30分程度は必要です。短時間で射精できるということは、それだけ刺激も強いということですので注意しましょう。

日常的に妻以外の魅力的な女性と接する

精力増強 魅力的な女性

男性に多い現象として、妻や恋人からは性的な刺激を感じるのに、そのパートナーとして決まった女性とセックスしようとすると勃起しなくなるケースがあります。

これはパートナーに慣れきってしまって、性的な対象として見られなくなったことが原因です。

このとき、妻以外の女性と接してみて、新たな刺激を受けるのは効果的です。

とはいっても浮気というレベルでは問題があります。

男性は好みの女性と会うと、テストステロンが分泌されて勃起力が改善します。

精力剤やサプリメントを使う

精力増強 精力剤 サプリメント

精力減退の有効な改善策としては精力剤やサプリメントを服用する方法があります。

サプリメントや精力剤を選ぶ際にはアルギニンやシトルリン、亜鉛などの有効成分が配合されているものが良いでしょう。

アルギニンやシトルリン、亜鉛には男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果が期待出来ます。

食生活からでは毎日これらの成分を必要量、摂取し続けるのは現実的に難しいですので、サプリメントで上手に補給していきましょう。

⇒テストステロンを増やすサプリメントはコチラの記事にまとめています。

まとめ~テストステロンを増やすことが精力増強の鍵

精力減退 改善

精力減退の改善策としては、テストステロンを増やすことをまず第一に考えましょう。

適度な運動や食生活の改善など生活習慣を見直すことが大前提となります。

その上でテストステロンを増やすのに効果的な成分をサプリメントなどで補助的に摂取することがポイントです。

今、精力減退で悩んでいる男性も日々の生活習慣を変えることで精力回復することは可能です。

一朝一夕には行きませんが、生涯現役を目指して継続して精力アップに取り組んでいきましょう。

⇒テストステロンを増やすサプリメントの詳細記事はコチラから