オナ禁 効果 メリット

精力剤 元販売員元販売員

男性であれば一度はオナ禁について考えた方も多いかと思います。

結論から言いますとオナ禁には様々なメリットがあります。

オナ禁することでテストステロンの数値が高くなることが医学的にも証明されていますから、その効果は期待できるでしょう。

ただし、もちろんオナ禁することによるデメリットも多少はあります。

この記事ではオナ禁のメリットとその効果、そして正しいオナ禁のやり方やコツなども紹介しています。

オナ禁を正しく実践することは男性としての魅力を上げることに繋がりますから、ぜひ最後まで読んで行動に移してみましょう。

⇒テストステロンを増やすサプリメントランキングはコチラから

オナ禁の13のメリットとその効果

女性にモテる効果

オナ禁 モテ効果

オナニーをしないことで異性からモテるようになります。オナニーの回数が減るとテストステロンという男性ホルモンが増加するのですが、これはモテフェロモンとも呼ばれています。

男性からするこの匂いを、女性は無意識に嗅ぎ取ります。ミツバチが花のにおいに惹かれる場面を想像すれば理解しやすいかもしれません。

テストステロンが多い男の人を、女性はつい目で追いかけてしまうようになるのです。

そんなはずがない。そう思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、道を歩いているとき、異性を目で追ってしまった経験はないでしょうか。

見た目は特別きれいでないにも関わらず、その相手のことが気になった経験があるかと思います。

その際、その人が漂わせている空気が素敵だと思ったり、理由は分からないけどセクシーだと思ったのなら、モテフェロモンのにおいをあなたは嗅ぎ取っていたことになります。

本能的に相手に惹かれていたわけです。

なお、テストステロンが増加すると、容姿にもプラスの影響があります。漂わせる空気感と容姿が共に良くなるので、男性としての魅力が上がるというわけです。

筋トレのパフォーマンスの向上

オナ禁 筋トレ効果

オナニーを制限することでテストステロンが増えるわけですが、筋力トレーニングをすることでお同様にテストステロンが増えます。

そのため、体を鍛えることと同時にオナニーを制限することで、より男性らしくなることができます。

また、筋力トレーニングはなかなか続かなかったりするわけですが、オナニーをする分の体力が余っていると、筋力トレーニングも続きやすくなります。

テストステロンが増えれば増えるほどやる気も上がるので、トレーニングが習慣化しやすくなります。

筋肉が多い男性は魅力的に見えることが多いですし、体つきがよくなることで自信も一緒につくことでしょう。

抜け毛対策

オナ禁 抜け毛対策

オナニーの回数が多いと髪の毛の量が少なくなるという話を耳にしたことはないでしょうか。

これにはきちんとした理由があります。オナニーをすると、ジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンが増加します。

テストステロン自体は性欲の増加や生殖器の発育を促し、ひげや体毛の増加を促進し、また筋肉や骨格を形成します。

そのため、男性的な体つきになる上で欠かせないのですが、このホルモンは髪の毛に悪影響を及ぼし、結果として髪の毛の量が少なくなってしまいます。

また、射精の際に亜鉛やタンパク質が同時に体から出ていってしまいます。これらは髪の毛の主成分であるケラチンが生成されるときに必要で、オナニーの回数が多いと、髪の毛を作るために必要な素材がなくなってしまうというわけです。

一度のオナニーで体内の亜鉛の2割程度が放出されるので、オナニーの回数が多すぎると薄毛に繋がります。

オナ禁することでやりすぎを防止し、その結果として薄毛予防になるというわけです。

髪の毛に関して悩んでいる人や、将来髪のことで悩みたくないという人は、一度オナニーの回数を減らしたり、あるいはしないようにしてみてはどうでしょうか。

科学的な根拠もあるので、効果はそれなりに期待できるでしょう。

魅力的で健康的な目

オナ禁 魅力的な目

オナ禁することで、まぶたがしっかり開いたり、疲れを感じにくくなったり、目がすっきりしたりするようになります。

オナニーをしないことでジヒドロテストステロンの生成が抑えられ、テストステロンの量が増加するので、まぶたのむくみがなくなります。

その結果として目の調子がよくなるというわけです。奥二重で一重に見られがちな人は、オナ禁することでぱっちりとした二重になるかもしれません。

目は容姿の中でもとりわけ重要な要素です。だらしない目をしていたり、まぶたが重そうだったりすると、なかなか魅力的には見えません。

健康的な目を手にするためにも、オナニーを制限することには意味があります。

ダイエット効果

オナ禁 ダイエット効果

オナニーによって精子が体外に出されてばかりいると、結果として太りやすい体質になってしまいます。

射精するとテストステロンが減少し、エネルギーが使われます。同時に血糖値も下がるので空腹感を強く感じます。

その結果として食事をしてしまうわけですが、この際、脂肪の燃焼を助けてくれるテストステロンが少なくなっているので、脂肪が燃焼されず、結果として太ってしまうというわけです。

オナ禁ことでエネルギーが失われずに済みますし、テストステロンも減少しないので脂肪を燃焼する力がきちんと働くようになります。

太りにくく痩せやすい体質というのが、オナ禁によって作り出せるというわけです。ほかのダイエット方よりも簡単ですし、三日坊主の方でも比較的続けやすいでしょう。

また、脂肪を燃焼する力が備わったまま痩せることができるので、リバウンドの防止にもなります。

さらに言えば、ほかのダイエット法と併用することで、より高い痩せ効果が期待できるのではないでしょうか。

運動能力の向上

オナ禁 運動能力の向上

オナ禁ことで、スポーツに関する能力や運動神経が向上する可能性があります。オナニーはエネルギーの消費がとても激しく、自慰をすると肉体に疲労が溜まってしまいます。

射精は100メートルダッシュと同等以上の疲労感を伴うとも言われており、具体的な疲労度には個人差があるものの、かなりの体力を必要とします。

これを何度も繰り返しているとエネルギー不足に陥り、肉体的な機能に影響を及ぼすことは避けられません。

そのため、オナ禁すれば、余計な疲労が溜まらずに済み、結果としてパフォーマンス能力がアップします。

また、オナニーをすると体がオフの状態になります。これは連続的な射精を防ぐためです。射精のあと気だるい状態になったりするのはこのためです。

プロのスポーツ選手の中には、試合や大会の直前は射精をしないよう気をつけている人もいるそうです。

欲望をコントロールできる

オナ禁 欲望をコントロールできる

人間が持っている大きな欲求として、食欲、睡眠欲、性欲が挙げられます。

食事をしなかったり眠らなかったりすると、体に極めて悪い影響を及ぼします。下手をすれば命にかかわるわけです。

一方で性欲は発散しないからといって命を落としたりする恐れはありません。しかし、人によれば大きな苦痛を受けることになるわけです。

ですので、仮にオナ禁することで性欲をコントロールできるのであれば、精神的な面において人よりも優れていると言えることになります。

周りは性欲に負けているが、自分は勝っているという自信を持つことができます。

自信があれば、たとえば異性に積極的になれたり、何かに挑戦できたり、集中力が上がったり、物事を冷静に捉えられたり、そういったことができるようになります。

セックスの場面においても、自信があれば、中折れや勃起不全ということを経験せずに済むようになるかもしれません。

ですので、オナニーの制限には肉体面だけでなく、精神面においてもよい効果をもたらします。たかがオナニーを制限したくらいで、とバカにされるかもしれませんが、心身に好影響を及ぼす行為なのです。

モチベーションアップ

オナ禁 モチベーションアップ

快楽をもたらしてくれる物質として、ドーパミンがあります。これは三大神経伝達物質の一つであり、人間のやる気や幸福と密接に関わっています。

快楽を得たときに活発に活動するので、たとえば目標を達成したときの、やった、という気分の良さは、このドーパミンによってもたらされています。

不足すると、疲労感ややる気の減少、気分のむらや記憶力の低下など、さまざまな悪影響を及ぼします。

また、自律神経失調症やうつ病といった、健康を害する疾病にも繋がります。このように、人体に重要な働きをするドーパミンの分泌を促す働きを持っているのが、テストステロンです。

オナニーや射精のあと、気だるくなったり気力がなくなったりするのは、ドーパミンの分泌が落ち込むことが原因の一つです。

闘争心が強く攻撃的な気持ちを高める

オナ禁 自分に自信がつく

テストステロンは闘争心を強くする働きを持っているので、恐怖感やプレッシャーに強くなれます。攻撃性を高めたり、戦おうとする気持ちや意欲を強くしたりする、男性の象徴とも言える物質なのです。

そのため、上司や先輩など、目上の人が間違っていたことを訂正できるようになったり、競争相手に対して負けたくないという思いが強くなり、より努力できるようになるでしょう。

また、小さな間違いで思い悩んだりすることも減ったり、また積極的に行動できるようになったりと、胸を張った態度を取れるようになるでしょう。

自信があるということは、生きていく上でとても大切です。異性と関わるうえでも、魅力的な人間になるうえでも、極めて重要です。

自信がなくて悩んでいる人は、一度オナニーを控えてみるといいのではないでしょうか。

早寝早起き、良質な睡眠時間をとれる

オナ禁 早起き

オナニーのせいで疲れが溜まったり、急な眠気に教われたり、あるいはオナニーのせいで寝る時間が遅くなったりしたことはありませんか。

オナニーが原因で生活のリズムが乱れるということはよくあることです。オナ禁すれば、毎日同じ時間に寝るという習慣がつきやすくなります。

眠る前にスマートフォンやパソコンを見ながらオナニーをする人も多いかと思いますが、これらの明かりは睡眠に悪影響を及ぼします。

また、オナニーのオカズを探すという行為は基本的に時間の浪費です。睡眠時間が短くなったり、睡眠の質が悪くなったりと、オナニーは睡眠の敵とも言えるでしょう。

ただし、オナ禁し始めたばかりのときは、一時的に睡眠不足になるかもしれません。というのも、テストステロンが増えると脳が活発に働くようになり、なかなか休息しようとしてくれません。

しかし、オナ禁を長く続けていると、テストステロンの値も落ち着くので、寝付きもよくなるでしょう。

なかなか眠れないという場合は、体を動かしてみるとよいのではないでしょうか。適度な疲労は眠りを導入するのに最適です。

筋力トレーニングやランニングでも十分効果があるでしょうし、面倒な場合は散歩程度のウォーキングでも構わないでしょう。いずれにせよ、オナニーをしなければ、睡眠の質は大きく向上します。

エロ禁によるオナニー中毒からの解放

オナ禁 オナニー中毒からの解放

今やアダルトビデオの作品数は膨大になり、内容も多種多様で過激さも増しています。

またわざわざビデオ屋でレンタルする必要もなく、インターネット上で簡単にエロ動画やエロ画像を観ることができます。

このように、アダルトコンテンツは大変身近な存在となっています。老いも若きも、いつでも自由に性的な興奮を得られるようになりました。

ですがこれは、人間が持つ本来の繁殖能力を低下させる原因でもあります。かつての男性がオナニーをしようと考えても、アダルトコンテンツはそれほど身近ではありませんでした。

当時は雑誌かビデオがオカズだったわけですが、それらは入手するのに手間がかかったからです。そのため、実際のセックスに対する思いは相当であり、機会があればそこで思いきり性欲を発散していたというわけです。

しかし、核家族や共働き世帯が主流となり、インターネットの存在によって、しようと思えばいつでもオナニーができるようになりました。

こうなると、実際のセックスを渇望することも少なくなり、繁殖力はどうしても下がります。セックスをしないわけですから。

エロ禁して、本来の繁殖力を回復すること。これはとても大切なことです。少子高齢化の今こそ考えていかなくてはなりません。

時間を有効に使える

オナ禁 時間の有効活用

男の人が一度のオナニーにかける時間はどの程度でしょうか。射精そのものに至るまでの時間はそれほど長くありません。

しかし、動画を鑑賞したりするのにとても長く時間を使っています。オカズを探し、オナニーをし、一度休憩してから処理をする。

仮に、この流れに一時間かかるとします。毎日自慰をする人の場合、一年で365時間となり、一年間のうち15日間自慰をしていることになります。

一日に30分だとしても、結構な時間を消費していることになります。セックスの場合は相手がおり、精神的な満足も得られます。

愛し合うことは生きていくうえでとても貴重な時間です。しかしオナニーはただ性欲を発散しているだけです。

人の一生は短いにも関わらず、これほどの時間を浪費しているとなると、オナニーは人生にとって大きな損失だと言えるのではないでしょうか。

オナニーを控えることで、多くの時間を有意義に使えるようになります。

オナ禁がなぜ効果があるのか?その理由と根拠とは

体内のテストステロンを維持させる働き

オナ禁 効果 理由

テストステロンとは何かご存じでしょうか。これは性機能と大変深い関わりを持っている男性ホルモンです。

不足してしまうと、ED(勃起不全)になったり、中折れしたりと、本来の性的な能力が失われてしまいます。

また、活力がなくなり、精神面にも影響を及ぼすので、ネガティブになってうつ病になってしまうこともあります。

活力に満ちた人生を送るためにはなくてはならないものです。これはオナニーによって消費、放出されます。

足りなくなった場合は体内で作られるわけですが、オナニーの頻度があまりに多いと生成が追い付きません。

体がどれだけがんばって作っても、作られた分はすぐに失われてしまうのです。

そうなると、体内のテストステロン濃度が必要量に届かない状態が続いてしまいます。

こうなると性機能の低下だけでなく、筋力トレーニングをしても思うように筋肉がつかなかったり、毛髪の量が少なくなったり、精神面に悪影響を及ぼしたりします。

オナ禁にはこれらを防ぐ効果が期待できます。男性的な魅力を維持するうえでも、オナ禁は重要です。

たかがオナ禁などと思う人がいるかもしれませんが、男性にとってプラスの影響をもたらしてくれるんですよ。

ジヒドロテストステロンの分泌を抑える効果

オナ禁 効果 理由

性機能を向上してくれるテストステロンとは異なり、性機能の低下をもたらすホルモンがあります。それがジヒドロテストステロンです。

これは体の中でテストステロンが少なくなると作られるものなのですが、これが増加すると毛髪の量が減少したり、活力が奪われ性欲が減退したり、性機能がその本来の力を発揮できなくなったりします。

さらに肌にも悪影響を及ぼすので、ニキビができやすくなったりします。

ほかにも、体臭がきつくなったり、体毛が濃くなったりと、容姿にも悪い影響を及ぼします。

ジヒドロテストステロンはテストステロンの量が少なくなったときに作られるものなので、オナニーによってテストステロンを消費しなければ、ジヒドロテストステロンの量は増えません。

また、オナニーをすると亜鉛が消費されるのですが、亜鉛が不足するとジヒドロテストステロンの活動が活発になります。

以上のことからも、オナ禁することで多くのメリットが享受できることが、分かっていただけたのではないでしょうか。

オナ禁のデメリットとは?

オナ禁し過ぎた場合、テストステロンが減少する

オナ禁 デメリット 

性機能と密接な関係を持っているテストステロンは体内で作られますが、その量は状況によって変化します。

たとえば勃起して射精すると、テストステロンがたくさん使われるわけですが、この機会が少ないと、テストステロンは最低限しか作られません。

するとどうなるか。歩かないと脚力が落ちるのと同じように、テストステロンを作る機会が少なすぎると、いざというときにテストステロンを作ろうとしても、体は思ったように作れず困ったことになってしまいます。

要するにホルモンを作り出す機能が退化してしまうというわけです。

自分に厳しい人やストイックな人の場合、極端な禁欲生活を送ってしまうことがあります。

そうすると過度な負担がかかることになり、結果として体に悪影響を及ぼすことになります。

また、極端なやり方だと精神的にもよくありません。ストレスが溜まるだけであり、ストレスは肉体と精神にとっては大敵です。

どんなことでもそうですが、やりすぎはいけません。適度に行うことが大切なのです。

自慰を制限する場合も、長期間禁止するといったようなやり方は避けましょう。

前立腺がんのリスクが高まる

オナ禁 デメリット 

射精の頻度が多いと前立腺癌を発症するリスクが低下するという研究結果があります。

射精の回数が一月に一桁の人たちは、彼らの数倍射精している人たちと比べて、発症するリスクが2割ほど高いです。

統計を用いた研究であり、きちんと解明されているわけではありませんが、射精の頻度と前立腺癌には関係があると言えるでしょう。

我が国でも患者数は増加しています。誰もが癌になる可能性があり、自分は癌にならないという思い込みは危険です。

ちなみに性機能の低下と関連性があるとも言われています。極端な自慰の制限は控えたほうが賢明でしょう。

効果的なオナ禁のやり方や方法とは

オナ禁 やり方

効果が期待できるやり方としては、一週間オナニーを制限し、その後射精し、再び一週間オナニーを制限する、というサイクルを繰り返すことです。

体の中のテストステロンは一週間程度であれば濃度が維持されますが、過ぎてしまうと徐々に少なくなっていき、男性機能に悪影響を及ぼします。

また、分泌する能力も衰えていくので、一週間を目処に一度オナニーを行いましょう。長期間に渡ってオナ禁することは控えるべきです。

なお、毎日オナニーをしていたため一週間も制限するのはつらいという人は、一日オナニーを控えてその後射精をし、また一日オナニーを控える、というやり方でも構いません。

そんなやり方で効果があるのか、と言われるかもしれませんが、回数さえ減らせればそれで構わないのです。

やみくもに長期間行い、心身にストレスを与えてしまうほうがよほど問題です。オナ禁の目的とは、オナニーを過剰にしない、ということだということを忘れないでください。

オナニーを一切しないというのは、オナ禁ではありません。

オナ禁を成功させるためのコツ

オナ禁 コツ

酒豪が禁酒することは難しいでしょう。それと同様に、オナニーを制限するのはなかなか難しいです。やり方は人それぞれです。

しかしコツとしては、たとえばアダルトな画像や動画を検索しないようにエロ禁したり、なるべく若い女性の体を見ないようにしたり、スポーツに励んでみたりするといいのではないでしょうか。

要するに、興奮してしまうような対象物を遠ざけることが大切です。アダルト動画を観るくらいならとか、エロ画像を調べるくらいならとか、ちょっとだけならという感覚を捨てるよう努力しましょう。

また、ティッシュやアダルトグッズなど、オナニーの際に使うようなものはなるべく部屋に置かないようにしましょう。

オナニーに関するものから徹底的に距離を置くことが大切です。性欲が高まった場合は、別のことをして頭の中から性的な考えを排除しましょう。

できる範囲内でエロ禁を徹底しましょう。

また、射精することによって血液の中のテストステロンは大幅に減少します。

テストステロンが減少すると性機能の低下や肌荒れ、体臭の悪化など、様々な悪影響が生じます。

魅力的な男性でいるためにはテストステロンは欠かせません。

テストステロンの濃度を維持し、活力や性機能、性的な魅力を維持、あるいは改善することが、おな禁本来の目的です。

なので、精力サプリメントなどを活用し、足りない栄養素や不足しがちな栄養素を補うことも大切です。

亜鉛やBCAAなどの、ミネラルやアミノ酸などを積極的に摂るようにしましょう。食生活の改善も必要ですがそれだけでは難しいので、精力剤やサプリメントを試してみてください。

テストステロンの分泌を促すもの、たとえばマカやクラチャイダムといった原材料が含まれているものがよいでしょう。

⇒テストステロンを増やすサプリメントランキングはコチラから

 

オナ禁をやってみた感想まとめ

オナ禁 効果 まとめ

ニキビをはじめとした男性の肌に関する問題は、性欲が溜まっていることが原因だとされてきました。

つまりセックスをしたらしただけ、オナニーをしたらしただけ、肌質が改善されると考えられてきたのです。

しかし、それは間違いです。セックスは精神的な満足感を得られるので、肌質にも効果があるかもしれませんが、オナニーにおける過度の射精が体に良い影響をもたらすことは基本的にありません(ただし、個人差があるので1日1回以下ならむしろ男性機能を高める場合もある)。

テストステロンの量が減少してしまうからです。たくましい筋肉や健康な肌、前向きな態度や男らしい態度などは、テストステロンによって支えられています。

オナニーをしすぎるとテストステロンがなくなってしまい、男性としての魅力が失われてしまいます。

髪が薄く、体臭が強く、肌が荒れ、精神的に不安定な男性に、女性はなかなか近づいてきません。

オナ禁することで、女性に好かれる男性を目指しましょう。

⇒テストステロンを増やすサプリメントランキングはコチラから