テストステロン 増やす 食べ物

登場人物A元販売員

テストステロンを増やす食べ物とはアミノ酸を多く含む「良質なたんぱく質」が挙げられます。

そして、精子の生成にも関わりがありたんぱく質の合成に欠かせないミネラルである「亜鉛」

その他にはネギ類などの含硫化合物もテストステロンを増やすために有効な食べ物です。

これらの食品を意識しながら日々の食生活を改善していくことがテストステロンを増やす1つのポイントと言えます。

目次

男性ホルモンであるテストステロンを増やす食べ物

卵や肉類、魚類など良質なたんぱく質を含む食べ物

テストステロン 増やす 食べ物

テストステロンを効果的に増やす方法として、普段の食生活で取り入れたい食べ物が、アミノ酸やたんぱく質を多く含んでいる卵や肉類です。

テストステロンを増やす成分として欠かせないのが、良質なタンパク質、亜鉛、一価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸だとされています。

特に良質なたんぱく質とは必須アミノ酸を多く含む食品を指します。

主に肉や魚、卵や乳製品などの動物性タンパク質と、大豆製品などの植物性タンパク質をバランスよく食生活の中に取り入れることで、効果的にテストステロンを増やすことができます。

男性ホルモンにあたるテストステロンは、30代を境に男性の体内から低下しやすくなる特徴があり、精力減退や男性らしさが不足しやすくなる原因につながりますので注意が必要です。

牡蠣など亜鉛を含む食べ物

テストステロン 増やす 亜鉛

テストステロンは牡蠣などの亜鉛を豊富に含有している食べ物をきっかけとして増やす事が可能です。

実は医療技術が進歩している現代でも亜鉛がテストステロンを増幅させる効能に関する科学的根拠は明瞭になっていません。

ですが、研究機関にて何度も繰り返し行われている研究により導き出されているのは、男性機能が突出して高い方は共通して毛髪に含まれている亜鉛量が多く、血液内においてはテストステロンの値が高いという点です。

つまり、男性機能に自信が無い方においては体内のテストステロンを増幅させるために亜鉛を摂取すると、悩みが解決させられるという事になります。

アーモンドやアボカドなど一価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸を含む食べ物

テストステロン 増やす 食べ物

アーモンドやアボカドには一価不飽和脂肪酸や飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸が含まれていています。

脂肪酸と聞くと一見すると体に悪いイメージがありますが、男性にとっては大切なテストステロンを増やす食べ物として有効なことが分かっています。

そもそもテストステロンとは男性の性欲をアップさせたり、勃起力をアップさせるなど性生活には欠かすことができない成分で筋肉を成長させるにも欠かせないので、筋トレをすると増やすことが可能です。

ただ、筋トレだけでは不十分でテストステロンは脂質を原料として生成されています。

なので脂質が不足すると筋肉の低下と共にテストステロンの生成量が低下する恐れがあります。

すると体のラインは細くなり男性の機能も低下してしまう可能性があるのです。

ただし、アーモンドやアボカドに含まれる一価不飽和脂肪酸や飽和脂肪酸はテストステロンの原料ともなり得ますが、食べ過ぎると飽和脂肪酸は血液をドロドロにする恐れがあるので注意してください。

玉ねぎやにんにくなど含硫化合物を含む食べ物

テストステロン 増やす 食べ物

テストステロンは、良質のタンパク質など含む食べ物などを摂取すると増やす効果が期待できるのが特徴です。

そのタンパク質と一緒に含硫化合物を含む食べ物を摂取すると、テストステロンの増加を促進させる働きを期待することができます。

含硫化合物は玉ねぎやにんにくなどの刺激のあるニオイの成分のことを言い、疲労回復や抗酸化作用などが期待できると言われています。

玉ねぎやにんにく以外にもネギ類全般に含硫化合物を豊富に含んでいるため、テストステロンを増やす効果が期待できます。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、年齢が上がると減っていくのが大きな特徴です。

加齢とともに減っているテストステロンは、男性が健康的な体を維持するために必要なホルモンで減ってしまうといろいろな影響が出てきますので積極的に食品で補っていきましょう。

食品以外でテストステロンを効率よく増やす7つの方法

テストステロンを増やす成分を含むサプリメント

テストステロン 増やす サプリメント

食品以外で最も効率よくテストステロンを増やすのであればサプリメントがおすすめです。

テストステロンを増やす代表的な成分としては「アルギニン」「シトルリン」「亜鉛」が挙げられます。

これらの成分を普段の食生活からだけで十分なら量を摂取することは現実的に考えてかなり難しいでしょう。

例えばアルギニンですが、比較的食品から摂取しやすい成分で肉類や卵、大豆類などに多く含まれています。

とはいえ1日の推奨量である5000mg以上を毎日食事から摂取することはあまり現実的ではなく、逆にこれらの食品を摂りすぎると脂質を増やすことになってしまうため健康上よくありません。

シトルリンや亜鉛は1日10gに至っては、ほぼ食品から必要量を摂取し続けるのは無理でしょう。

その点、サプリメントであれば手軽に毎日飲める上に、自分がどれくらいの量を摂取したのかを把握できます。

費用面でもかえって食材にこだわるよりも安く済ませることが出来るので一石二鳥ですね。

⇒テストステロンを増やすサプリについて詳しくはコチラの記事で紹介しています。

魅力的な女性と接する機会を多く持ち続ける

テストステロン 増やす 女性

男性ホルモンから出てくるテストステロンは増やすと精力も増してくるので、精力が減退している人は利用しましょう。

若さを保つためにも重要な物質で、テストステロンを増やす方法としては、魅力的な女性と接することで簡単にできるものです。

魅力的な女性と接するだけでも脳に影響があり、男性ホルモンやテストステロンが増えてきます。

そばにいることや喋るだけでも良いので、プライベートや仕事場などで積極的に接してみましょう。

スクワットなどの筋トレ

テストステロン 増やす 筋トレ

テストステロンを増やす方法として、スクワットなどの筋トレが有効です。

その理由は下半身に大きな筋肉が集中しているからであり、腕だけに行うよりも効果的です。重い物を持ち上げるだけでなく、短距離走などでも下半身に負荷がかかるのでテストステロンを増やせます。

ただし、一定の負荷で長時間行う有酸素運動では減少するとされているので、筋トレを行うときは強い負荷をかけ、30~90秒程度のインターバルを入れて筋トレを繰り返すと良いです。

適度なオナニーの回数を守り正しいオナニーを心掛ける

テストステロン 増やす オナニー

男性ホルモンの中でもっとも筋肉増大に影響を与えるテストステロンを増やすためには、適度なオナニーを行なう必要があります。

理想的な回数は、週3回で主に手のひらを活用した方法が望まれます。

指だけでペニスを動かすと、表面の皮膚と神経だけにしか作用をせずテストステロンの分泌を促すほどの刺激が与えられません。

しっかりと手のひらでペニスを握り、前後に力強く動かすことで実際の性交と同じほどの刺激を得られてテストステロンが増大します。

漢方

テストステロン 増やす 漢方

男性はテストステロンが減ると体調不良などを引き起こすことがあります。

そのため、そうした症状を緩和するための治療が必要ですが、その際に漢方薬が使われるケースも珍しくありません。

その代表的なものが補中益気湯という漢方薬です。これは低下してしまったテストステロンを補充し、分泌を増やす効果を持っています。

またテストステロンはストレスによって減少することもありますが、補中益気湯にはストレスを緩和させる作用もあるため、ストレスで男性ホルモンの分泌が減っている人にも効果的なのです。

男性ホルモン補充療法

テストステロン 増やす 男性ホルモン補充療法

テストステロンは大半が男性の精巣で作られて、分泌される男性ホルモンのひとつです。

第二次性徴というのは、このテストステロンの働きが大きく関わっています。

そのため、男性の更年期の対策としてテストステロンを増やす男性ホルモン補充療法というのは、欧米では一般的な治療法のひとつとなっています。

最近の日本でも、男性の更年期障害という問題が段々と認知されるようになったので、改善方法のひとつとして男性ホルモン補充療法にスポットが当たるようになってきました。

DHEA(海外サプリメント)

テストステロン 増やす DHEA

DHEAは、副腎皮質で分泌されている性ホルモンの一種「Dehydroepiandrosterone」の略称で、テストステロンの材料となります。

このために、この物質を摂取することにより男性機能の衰えを改善するなどのアンチエイジング効果を期待できます。

なお、このようにテストステロンを増やすなどの様々な効果を見込めるうえに副作用の心配がないということから、DHEAのサプリはアメリカでは大ブームとなっています。

テストステロンが増えることで期待できる効果

性欲増強の効果

テストステロン 効果 性欲

テストステロンが増えると人の体の機能が健康的に働くようになるので、性欲が出てくるようになると考えられます。

テストステロンは男性ホルモンの一つで、男性が健康的になれば性欲が出てくる効果があるのは当たり前とも言えます。

テストステロンを増やすことで、単に性欲だけが出てくるというのではなく、肉体的に健康になる事で普通の男性として性的な欲求を感じるようになるという事です。

体が不健康になれば何もする気が無くなりますが、五体満足な体になれば何でも出来るという感覚にもなります。

筋力アップや筋肉増強の効果

テストステロン 効果 筋肉

テストステロンは男性ホルモンの一つで、また微量に女性の体内にもあるホルモンとなっています。

テストステロンは主に筋肉増強や骨格形成、血液を作る働き、やる気・判断力を高めるなどの働きがあり、特に男性の場合はテストステロンホルモンの分泌を増やす事によって筋力アップする事ができ、筋トレとの相乗効果で男らしい体つきになる事が出来ます。

その他にも男性ホルモンが増える事で女性にモテる、精力がアップするなど様々な効果があります。

モテ効果

テストステロン 効果 モテる

テストステロンを増やすと女性にモテる効果が期待できる理由は、その数値と性欲には密接な関係があり、男性ホルモンが活発になるからです。

数値が高い男性は体格が男らしくなり、やる気も体力も向上して直感力が研ぎ澄まされます。

支配力と性欲が高まった男性は支配者として君臨できるようになるので、多くの女性を惹きつけることができます。

テストステロンを増やすと女性にモテる根拠は、テストステロンが放出するフェロモンが女性を惹きつけるからです。

自分自身に自信がついて余裕が出てくるのもモテる根拠の1つで、性欲が出てくると女性に対して自ずと積極的になります。

アンチエイジング効果

テストステロン 効果 アンチエイジング

テストステロンは男性ホルモンのひとつで、性欲に影響するホルモンでもありますが、このホルモンが増えることでアンチエイジング効果も期待できます。

アンチエイジングなど老化防止ホルン門は副腎から分泌され、男性ホルモンのテストステロンと女性ホルモンのエストロゲンがあり、これらを分泌させることでストレスホルモンの働きを抑えて免疫力を向上させて老化にともなう症状の発症を抑えることができます。

老化を予防するためには食事や生活習慣の改善、運動などによりテストステロンが増やすことにつながり、男性もアンチエイジング効果があります。

やる気やモチベーションアップの効果

テストステロン 効果 やる気

「ホルモン」とは体内で作られ、少量であっても身体に対して強い作用を生じる成分です。

男性はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンを精巣内で生成しており、このホルモンにはやる気・モチベーションを増やす効果があるといわれています。

これはテストステロンが、幸福感、やる気の元となる神経伝達物質「ドーパミン」を産生する働きがあるためです。

ドーパミンが、仕事やスポーツなどに対して高いモチベーションを生み出すための原動力となります。

ダイエット効果

テストステロン 効果 ダイエット

近年テストステロンという言葉が男性の間で聞かれるようになり、ちょっとした話題になっています。

聞きなれない言葉だと思う方がいる一方、一部の男性の間では、この成分を摂取するために情報を集めている方もいます。

テストステロンとは、男性ホルモンの大部分を占める重要な要素として注目を集めています。人間の体内中にある骨や筋、また肉やバイタリティーなどとなります。

この成分は重要な筋肉に関わっているので、分泌を増やすためには単なる筋トレをすれば良いというのではなく、激しい筋トレや全力での筋トレをすることで効果があり、分泌させる手助けをしてくれます。

従って自然にダイエットにも効果が出てきます。

記憶力や集中力アップの効果

テストステロン 効果 集中力

男性の睾丸で主に産生されている男性ホルモン「テストステロン」。

その体内濃度が高いほど、記憶力や集中力が高まる効果があるといわれており、男性ホルモンを増やす補充療法を行う人もいるなど、いま非常に注目を集めるホルモンとなっています。

テストステロンが記憶力や集中力に良い影響を与えることができるのは、これが記憶力や集中力に強く関与する「海馬」でも産生されているためです。

海馬で生じたテストステロンは情報伝達に関与する神経細胞間の接点であるシナプスを増加促進する作用があり、海馬の力をより引き出すことができるのです。

精子の形成や精液量を増やす効果

テストステロン 効果 精子 精液

テストステロンが増えるとなぜ精子の形成や精液を増やす効果があるのかと言えば、これは性ホルモンとして作用する働きがあるためです。

精液にも含まれている物質あり、精子の発生を促す働きを持っているので量を増やすことができるというわけです。

逆に言えばこれが減ってしまうと射精の量も減ってしまうということになり、テストステロンは30代を超えると大きく減ってしまうことから、射精料も減ることになります。

射精の量を増やしたいのであれば、元となるテストステロンを増やすことを考えるのが効果的です。

テストステロンを減少させる主な原因とは

加齢によるテストステロンの減少

テストステロン 減少 加齢

テストステロンとは、男性ホルモンのことを指します。人間の男性ホルモンは成長期にピークになって心身を成長させて、後はその分泌量を徐々に小さくしていきます。

永遠に分泌されるものではありません。そのため、加齢によるテストステロンの減少は生まれた時に初めから決まっている身体的な現象の一つであるといえます。

ただ、加齢によって仕事や日常生活の疲れが結果的にテストステロンの現象に影響を与える可能性はありますので、その点だけは注意が必要です。

睡眠不足によるテストステロンの減少

テストステロン 減少 睡眠不足

テストステロンは男性ホルモンの中で作用が最も強く、精力や筋肉増大などといった男性の性的特徴や精子の生産に関係があります。

テストステロンが減少してしまうことで、精力減退の原因になると考えられています。

最も活発に分泌されるのは20代で、その後は加齢と共に減少してしまいますが、加齢だけではなくストレスも原因となります。

また、不規則な生活による睡眠不足も原因の1つであり、中高年になったら生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がける必要があります。

ストレスによるテストステロンの減少

テストステロン 減少 睡眠不足

ストレスは万病のもとだと言われており、男性の場合だと心労が長期化するとテストステロン値が減少します。

ストレスの影響でホルモンバランスが崩れるためです。

特に仕事熱心で不眠不休で働き続ける男性に多く見られます。

テストステロン値が減少すると勃起不全のリスクが高まります。またうつ病のリスクも拡大します。

ストレスの怖いところは可視化出来ない点です。

趣味の時間を持たない、睡眠時間を削る事は心労のもとであり、男性機能の低下や精神面のトラブルの危険性を増加させます。

食生活の乱れによるテストステロンの減少

テストステロン 減少 食生活

好きなものをたくさん食べたくなってしまいますが、食生活の乱れによってテストステロンが減少してしまうので気を付けなくてはなりません。

砂糖を摂取した後にテストステロンの値が小さくなります。砂糖を使った食品だけではなく、炭水化物も含めて同じことが言えるので、糖の摂取には注意が必要です。炭水化物中心の食事になっていませんか。

また、テストステロンに必要な栄養素が不足するとやはり減少してしまうので、バランスの良い食生活を心がけてください。

肥満によるテストステロンの減少

テストステロン 減少 肥満

肥満やメタボがテストステロンを減少させる理由はまだ研究段階で裏付けは取れていない状況です。

しかし、肥満になるとプロラクチンの分泌増加する傾向が見られ、これが黄体化ホルモンの受容体と結合してしまうためにテストステロンの減少に繋がっていると推測されています。

テストステロンが減少する要因は他にも様々なものがあるため、肥満との比例関係が分かる結果は取得できていませんが、因果関係は見られるため、食事や運動で対処が必要です。

過度なアルコール摂取や喫煙によるテストステロンの減少

テストステロン 減少 タバコ アルコール

テストステロンとは男性ホルモンのことで、減少する原因の一つに、過度のアルコールと喫煙が考えられます。

通常の飲酒量なら問題ないのですが、ビールの原料であるホップには、テストステロンの分泌を阻害する物質が含まれているので、大量に飲むのは控えた方がいいでしょう。

それと喫煙についてですが、実はタバコを吸うと一時的に男性ホルモンが増加するという調査結果もあります。

ただし、ニコチンは全身の血管が萎縮するため、テストステロン値が結果的に下がるということが解っているので、タバコの吸い過ぎにも注意しましょう。

テストステロン値を自分で測る方法とは

テストステロン値 測る 手

テストステロンを自分で簡単に測る方法は、自分の手の薬指と人差し指の長さを比較してみてください。

薬指の方が人差し指よりも長いとテストステロン値が高いと言うことになります。

この方法は科学的な根拠は特にないらしいですが、アスリートで活躍している男性は薬指の方が長いことが多いことから、そう言われているというような話もあります。

もし、正確にアナタのテストステロン値を測りたければ1番いい方法は病院で血液検査をしてもらうことです。

男性の生殖器系の専門の病院などで簡単に測ってくれます。

また、AGAの遺伝子検査でも男性ホルモンの値を測ることも出来ます。

まとめ~テストステロンを増やす食べ物に加えてサプリメントを使うとより効果的

テストステロン 増やす まとめ

テストステロンを増やす食べ物とはアミノ酸を多く含む良質なたんぱく質である卵や肉類などに加えて、亜鉛を含む牡蠣や含硫化合物を含むネギ類などが有効です。

ただし、食べ物からだけでテストステロンを増やす栄養素を日々、摂取し続けることは簡単なことではありません。

ですので、テストステロンを増やす食べ物に加えて、サプリメントから摂取するのが最も効率よく簡単にテストステロンを増やす方法でしょう。

テストステロンを増やすサプリメントの選び方としては「アルギニン」「シトルリン」「亜鉛」の3つの成分に注目してみましょう。

⇒テストステロンを増やすサプリメントをコチラの記事でまとめています。