精力剤 危険 

精力剤 元販売員元販売員

海外製の精力剤と日本製の精力剤にはいくつか違いがあります。

日本では医薬品成分の扱いを受けている成分でも海外では普通にサプリメントで使用されいるケースもあります。

また、成分の量も日本よりも海外の方が1錠あたりに多く成分が含まていることが多いです。

その他にも表記が英語であったり、偽物が多かったりと色々と違いがありますし、それに伴い危険性も高くなります。

海外製の精力剤の注意点や問題点

成分や注意が全て英語で書かれている

精力剤 海外製 英語

当然のことですが、海外製の精力剤はその国での使用を目的に作られていますので、日本製と違い大半は英語で書かれています。

成分名は、まだ何となく読めるので良いのですが、注意書きが英語では困ります。

特に、医学的な説明など、日本語であっても困難な部分などが英語で書かれていては解読は不可能と言えます。

しかし、この部分は健康に影響を与える大切な部分。間違った服用方法などで体に危険をおよぼすおそれもあります。

また、日本製と違い、意味の取り違えも十分に考えられます。普段とは違い、読み慣れていない英語で書かれた説明は、やはり不便と言わざるを得ません。

日本人向けに配合された成分かどうか

精力剤 海外製 成分

海外製の精力剤が日本人向けに配合された成分かどうか確認しておくことは大切です。

海外に比べて日本人は体格で劣るため、それだけ薬などの成分に対する耐性も劣ると言えます。

大柄な外国人向けに作られた精力剤は日本製と違い、小柄な日本人には過剰に作用してしまい、健康面などにマイナス効果を与えてしまう恐れも否定できないのです。

販売サイトの信頼性

精力剤 海外製 販売サイト

国内の販売サイトにも、悪徳業者が存在しています。

ですが、海外の販売サイトは日本と違いその比ではありません。

海外のサイトから直接取引するのは、国内とはまったく違い、非常に危険が伴います。

日本製ではなく海外製の精力剤を購入するのであれば、海外のサイトを直接利用するのではなく、国内の信頼できる販売サイトで輸入されたものを購入するなど、ワンクッションおいて取引するのが妥当で安全だと言えるでしょう。

医薬品成分が配合されている可能性

精力剤 海外製 医薬品 成分

日本製の精力剤には、薬事法が適用されているためにバイアグラなどのED治療薬に配合されている医薬品成分を含ませることはできません。

副作用や飲み合わせによって、体に悪影響を及ぼしたり、命の危険を招いたりすることを防ぐためです。

ですが、海外製の精力剤には日本と違い、薬事法は適用されません。

当然、勃起力向上などを目的に医薬品成分が含まれているものも存在します。

これを知らず、日本製の精力剤と同じように服用した場合、健康状態や服用している他の薬との兼ね合いで体に深刻な害をもたらす危険性も出てきます。

よりよい効果を求めるあまり、命を落としてしまっては本末転倒と言わざるを得ません。

表示されている成分と中身が違いがある場合も

精力剤 海外製 成分

海外製の精力剤は、日本製の精力剤と違い、成分表示が信用できないケースがあります。

日本の食に対する安全基準は非常に厳しく、成分表示などは海外に比べると高い信頼性を誇っていると言えるのです。

精力増強に役立つ成分が含まれているから、それを100%鵜呑みにしてしまうことは、非常に危険なことだと言えます。

表示された成分が含まれていないだけならまだしも、体に害のある成分が含まれている危険性も十分にあるのだということも注意しておく必要があると言えます。

偽物が多い

精力剤 海外製 偽物

偽物が多く出回っているのも注意しなければいけません。

販売サイトに表示されているものと違う製品が送られてきたなどということは日常茶飯事。

最悪の場合、製品そのものが偽物だという危険性も知っておく必要があります。

高い金額を支払って、偽物が届いてしまっては悲観するばかり。

さらに体に悪い成分が入っており、健康被害まで出してしまっては、もう性行為どころではありません。

海外製の精力剤を購入する場合は、信頼できる通販サイトをよく調べ、安全に取引できるよう注意する必要があります。

日本製と海外製の精力剤の違い

精力剤 海外製 違い

日本の精力剤は、主に滋養強壮のための成分を含んだ健康食品という位置づけです。

それを飲んで直接勃起力が向上するものではなく、服用することで体の内部を改善し、精力や勃起力が増進するような体内環境にすることを目的にしています。

逆に海外製品は、直接勃起に影響を与える医薬品成分が含まれていることがあり、ED治療薬に近い位置づけのものが多いと言えます。

それだけに副作用や飲み合わせなどに注意する必要も出てくる可能性があります。

中国製は特に危険性が高い

精力剤 危険 中国製

中国製の食品に対する危険性は周知の通りです。何カ月も放置された原料で調理された食品などが取引されて、日々問題になっています。

精力剤の場合も、その危険性は大いにあると言えます。

表示されている成分と違うものが混じっている、成分が少ない。

これだけならまだしも、味や色を既存の精力剤に近づけるために体に害を及ぼすような着色料や添加物が大量に含まれている精力剤も多く存在すると言われています。

国内の医療関係者の話では、中国製の精力剤はあまりすすめたくないということです。

安価だからと言って手を伸ばしてしまうと、自らの健康状態に多大な被害を被ってしまうケースが出てくるようです。

まとめ~安全性を考慮した場合、日本製が断然おすすめ

精力剤 日本製

厳しい薬事法や成分表示など、日本製の精力剤はあらゆる制約を受けていると言わざるを得ません。

しかし、この制約は逆に、副作用や飲み合わせの心配をすることなく、より安全に精力剤を服用することができるメリットにもつながります。

その制約がほとんどない海外製の精力剤を服用する場合、健康被害はすべて自己責任になってしまいます。

安全性を考慮した場合、日本人の体に合わせて製造され、日本人向けに説明された国内産の精力剤の方が、高い信頼性や安全性を誇っている言えるでしょう。